レース編みの紫陽花ポニー&ピン #51




d0126727_11181788.jpg

100円ショップSERIAのレース糸ベースの土台はラベンダー色で20番を0号で
花は自分で黒豆の煮汁で染めたの40番レース糸 針はレース用2号で編んでます
技も器用さもないので40番糸はしんどいので簡単なゆる編みです  糸も針もまだまだ細いものがあるんですね
外科医みたいにルーペがほしいなって思うほど この間 針の細さ見ただけでめまいがしました(笑)
d0126727_11283292.jpgd0126727_11292769.jpg編み方はポニーとピンでは
大きさを変えています








思いのほか可愛くなったな と なんだかうれしくなりました 
最初20番で花を作ったとき ひとつの花の大きさに無理だと思ったのです 
紫陽花だから数をある程度つけたいのに ぱっちんピンなんか3個でいっぱいになっちゃう でも 細いので編んでみて
(これなら可愛い♪) と思って6個くらいつけると紫陽花風のぱっちんピンになりました
このふたつは夜遅い時間と今朝で仕上ちゃいました なので睡眠は4時間ちょい 今日はウォーキングもお弁当もなし(笑)
ポニーの土台は もともとはリネンをつけるために編んであったのです
花をいくつかつけてみたら チラッと見える隙間が同じ生地のほうがいいなって で 作業中断
リネンシュシュは土台表部分をリネンにし 作り直しました あまった土台利用ですぐにポニーができたのです
土台のミソは羊毛を少しだけ入れて つぶれたおまんじゅうくらいにすること あまり膨らんでても ぺちゃんこでもいまいち 
紫陽花らしく でもつけたときに自然なふくらみ そういう立体感って 自分にとってはすごくこだわってしまうところなんですよね
作るときには何気ないこういうふくらみや花の大きさがすごく仕上がり感や使用したときの雰囲気をあげます
私は編み物も洋裁もきちんと上手にできないけど 色や素材のチョイスやデザインを考えるのは得意なので
最近思うけど がんばることも あたらしいことにチャレンジするのもステキだけど  
自分の個性を生かしてゆくこと つまり楽に楽しくできることをしていくのも大事かなって思うのです
それは自分自身のことでもあり こういう小さなものは今の自分には楽にできること それであげると人が喜んでくれたりほめてくれて 
そういう部分は 続けていいのかなって 作ること全般好きだけど 忙しさもあって何もしてなかったし
子供の手が離れたら (今春ね)パステルアートとか 日本画風の絵や そういうものを学んでいこうかと思っていたのですね
そっちをやるとこっちはできない もっと時間を捻出すると睡眠時間がなくなるし(現在も5時間きってる)
本当に時間がほしい・・・ です 
ま 仕事の合間にPCしてて言うことじゃないけどね(笑)自営業のせめてもの救いというか ・・・ 

**他の全作品の写真とタイトルが一度に見られるカタログページがブログトップにあります**
手芸サイト「アトリエ」の私のページはこちらから
手作りで生活でhappymind happylife レシピシェアの輪をひろげよう♪       
人気ブログランキングへ

[PR]
by hazumoon | 2010-05-13 12:03 | handmade(アトリエ)