レシピを使ってください(幸福をつなげるハンドメイド)

4月1日新しい年度が始まりました
子供たちの新しい世界 生活 学び 希望に満ちる春
大人たちも 新しい生き方 新しい希望 を 未来の子供たちの為に
がんばって 道を切り開いてゆかなくてはいけませんね

21世紀は心の時代 とも言われます 本当にそうなるかは 私達ひとりひとりにかっかってます

この1年半 ハンドメイドを楽しむ人のために 作品のレシピを投稿してきました 

半分は 自分があきらめてやめざるを得なかった いくつもの表現したいことへの
自分の力を鍛える場であり 自分を試す場として 「アトリエ」を利用して
自分が何かできないか・・・ なにか表現して伝えられないか・・・さがすことでした

震災が起こる中 プレゼントや義援金のお願いをシュシュで行い
自分ができることと その限界を感じて 決めたことは

A*moon の 「アトリエ」に投稿したレシピで作ったものを
利益目的でなく バザー特に震災復興への募金などに(一部でも)充ててくださるなら
どんどん利用してかまわない ということです


商用利用で利益を得たいがためのコピー販売
自分がデザインしたなどと言うことを語られるのは 本当につらい 悲しい
ブログまで見に来てくださる方のなかには そういうことをする方はいないと思います

使用するには ブログのコメント欄にいつどこでどんなふうにするのか
また どう復興のために使ったか 知らせていただきたいと思います
あなたの活動の様子を 皆でシェアしていただけたら嬉しい♪

A*moonは子供のいるお母さんが お金をかけずに時間をすこしかけて
自分や子供に 作る喜び作ってもらう幸せ そしておしゃれできること
それいいね って 言ってもらえること を 目標に作ってきました
材料も単純で費用もかからないものが多いです
実用性についても なるべく考え そして写真でみたより
つけてみたときに よく見えることを 特にシュシュでは意識してきました

「自分にもなにかできないかさがしています」
みんながそう声をそろえてメールをくれました きっと もっと多くの方がそう思っていると思います
私も 仕事も家庭もあるので 地元での物資調達や仕分け作業などのボランティアさえできません 

作れる人は
学校や 幼稚園のバザーなど(今年からはきっと利益の一部を震災復興の寄付にすると思う)
また 私も考えていますが 現地の保育園や避難所に(この先スムーズにモノが届くようになってから) 
実用性のある可愛い心のこもったプレゼントはどうでしょう?

それに際して 私からの勝手な でも本気のお願い moreへ・・・









私のデザインを作るにあたり の お願い

子供や家庭をないがしろにして 作ることに没頭してしまうことは避けてください

家にいなくてはいけない お母さんたちは 
今は大事な時期 子どもの傍らで 子供の心に寄り添える時間で 
あなたも子供も笑顔で作っていられる時間だけにしてほしいのです
そして 震災前から 日本も不景気で この震災は被害のない方面でも様々な業種の方に影響が出ています
お金を稼ぐ一家の担い手 ご主人のことを 優先してください

作りだされるものの裏側に 誰かの犠牲や寂しい思いがあってほしくないのです
自分とその周りが幸福でいられること それが成り立った状態で 誰かを幸福にするために レシピを使ってください

実際ハンドメイドのデザインの著作権なんて 守りきれていないのかもしれません

なので私は実は悪用されないように 本気のレシピは とても時間もかかります
利益を簡単に得ること難しく 作るに際して効率も望めません 笑
バザーなどに出すために作られる方も 量産には不向きです すみません 笑
簡単なものもあるので 好きなものを利用してくださいね

作るのが楽しくて 売っていないような可愛いものになら 
時間を惜しまない人のためのレシピ 
簡単なものでもそれなりに手はかかるかもしれません

でも 作る時間がなく 売ってほしい方もいるのだと 今回気づきました
そういう人の 心にも応えたいなって思います 

自分のデザインを 売るために安くしたくなくて
でも 高いものを売ってお金を儲ける気にもなれない 私 
もし次売るときは その売り上げで 復興への何か 
自分が作って保育園とかに送るとか(子供たちのための可愛いもの)
仙台で頑張っている人たちの行うバザーや 支援物資にしたいとそう思います

これが 自分にできる復興支援 私のスタンスです
みなさんも 自分のスタンスで 幸福のもとに 幸福をつなげてくださいね

愛と感謝をこめて 2011.4.1 松本葉月より



[PR]
by hazumoon | 2011-04-01 13:04 | からだとこころ